https://natsunohi.hatenablog.com

私のトリセツ ー 今を生きるための心理分析 ー

四柱推命を使って個性を『見える化』し、本当の自分を知る。

努力と根性で突き進む仕事人【死】四柱推命で自分の性格を知る

こんにちは!
夏の灯(なつのひ)です。

  *四柱推命が初めての方はこちら*


四柱推命を使うと、
自分の性格や能力、人生傾向など様々なことが読み取れます。

自分がどんな星を持っているか、ここからチェックしましょう。
➡命式を出す

f:id:natsu_no_hi:20181126014141p:plain

今回は上記の赤で印を付けたところに入る星について紹介します。

このマスに入っている星は、自分がどんな性格を持っているかを示しており、
特に「スタンス」や「周囲とのかかわり方」など、
その人の気質を表しています。

気質を表す星は
「胎・養・長生・沐浴・冠帯・建禄・帝王・衰・病・死・墓・絶」と
全部で12種類!

その中から「死(し)」について紹介します。

f:id:natsu_no_hi:20190118175950p:plain

 

死の性格

一生を終え、魂が肉体から離れる状態。
物事が停止している状態を表しています。
(命式中にあっても実際に亡くなるわけではありませんよ!)

さて、そんな死を持った人は、
努力と根性をポリシーに掲げる頑張り屋さん。

自分が苦手なことに対しても、逃げずに克服することを大切にします。
「つまずいたところは放置せず、鍛えていく」
この特徴は死を持つ人の性質の一つと言えるでしょう。

妥協は認めず、持ち前の我慢強さで着実に課題をこなしていく人です。
与えられた仕事は徹夜してでもやり遂げる強い使命感を持っていますが、
他人にも同様の厳しさを求めるため、
周りの人に対しプレッシャーがかかり、「ちょっと面倒くさい人」と思われることがあるかもしれません。

死を持つ人は、どんな場面でも「きっちりする」ことを大切にするので、
「出たとこ勝負」や「なんとかなる」といった考え方は持っていません。

死を持つ人は現実主義で、
どんな仕事にも手を抜かない「ストイックな人」なのです。

f:id:natsu_no_hi:20190118182204p:plain


また死を持つ人は「洞察力」に恵まれています。

人の心を読むのも得意で、
相手の意図をくみ取ることが得意です。

普通の人よりも拾える情報が多く、
それは死を持つ人の成長の糧になりますが、
その鋭さはときどきストレスになることもあるでしょう。

死を持つ人は、本質的に繊細で慎重な性格をしています。
ストレスが溜り、気持ちに余裕がなくなると、
自分の内にこもってクヨクヨ考え込んでしまいがち…

目標を高く保ち、妥協せず頑張ることは本当に素敵です。
でもたまには「自分はこれでいいのだ」と自分自身を肯定してあげてください。
上手くいってもいかなくても、無条件に自分にOKを出して大丈夫です。

自分を認め、許すことで、
より充実した時間を過ごせると良いですね。

死の適職

細かいところまで手を抜かず仕事をこなすため、周囲から一目置かれる存在です。
綿密に物事を考えるタイプなので、
繊細さを要求される仕事に就くと、実力を発揮しやすいでしょう。

突っ走りがちなチームやグループに入ると、
よいブレーキ役となり必要な見通しを与えてくれます。

f:id:natsu_no_hi:20190118203420p:plain

いかがでしたか?
次回は「死(し)」について解説します!

それではまた!
夏の灯


ブログランキング参加中/
「このブログ良かったよ!」と思われた方は、下のボタンをタップしてください!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 四柱推命へ

未来に心を燃やす夢追い人【病】四柱推命で自分の性格を知る

こんにちは!
夏の灯(なつのひ)です。

  *四柱推命が初めての方はこちら*


四柱推命を使うと、
自分の性格や能力、人生傾向など様々なことが読み取れます。

自分がどんな星を持っているか、ここからチェックしましょう。
➡命式を出す

f:id:natsu_no_hi:20181126014141p:plain

今回は上記の赤で印を付けたところに入る星について紹介します。

このマスに入っている星は、自分がどんな性格を持っているかを示しており、
特に「スタンス」や「周囲とのかかわり方」など、
その人の気質を表しています。

気質を表す星は
「胎・養・長生・沐浴・冠帯・建禄・帝王・衰・病・死・墓・絶」と
全部で12種類!

その中から「病(びょう)」について紹介します。

f:id:natsu_no_hi:20190104223208p:plain

病の性格

肉体が老化し、病床に伏している状態。
体は動けずとも、神経は研ぎ澄まされ、精神的活動は活発。
そんな様子になぞられてこの名前が付きました。
(実際に病気になるわけではありません!)

さて、そんな病を持った人を性格を
一言で表すと「ロマンチスト」!

「こうなったら良いな」
「ああなったら楽しいだろうな」と
未来のことを考え、ワクワクすることが大好きな星です。

また病を持っている人は自分の中にある「精神的な世界」を重視しているので、
独特な考え方を持っている人が多いです。

そのため組織内では周囲とのテンポが合わず、
やや協調性に欠けるため人間関係は偏りがち。
敵も味方も思いのほか多かったりします。

また、物事の本質に感じ、じっくり考えるので、深い人生観を持っていることも!
 物事を深く追求する性格なため、こだわりが強く、
人によっては「ちょっと変わっている人」と見られることもありますが、
病は人を惹きつける魅力にあふれた性格でもあります。

f:id:natsu_no_hi:20190104223307p:plain


未来に思いを巡らせ、楽しい空想にふけるのが好きな病。
ファンタジーな世界に憧れを持っているので、
音楽や芸術、舞台が大好き!
大人になっても小さい頃見ていた「夢の世界」を大切にしています。

ただこのように人生に夢やロマンを求めながらも、
「現実はファンタジーは違う。
ちゃんと地道に努力しないと、自分はダメになっちゃう。」とも考えています。

実はどの星よりも、地に足着いた発想を大切にするのが病なのです。

未来に情熱を燃やし、着実に努力を重ねることで、
多くの困難を乗り越えていけるでしょう。

 

病の適職

常に長期的な展望に立って物事にあたり、
将来の夢の実現のために頑張れる人です。

感性が鋭く芸術的センスに優れているので、
アートやクリエイティブな職種が向いています。

また人を見抜く洞察力に長けているので、
人材系の仕事も良いでしょう。

f:id:natsu_no_hi:20190104223334p:plain


いかがでしたか?
次回は「死(し)」について解説します!

それではまた!
夏の灯


ブログランキング参加中/
「このブログ良かったよ!」と思われた方は、下のボタンをタップしてください!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 四柱推命へ

生まれついてのオトナ【衰】四柱推命で自分の性格を知る

こんにちは!
夏の灯(なつのひ)です。

  *四柱推命が初めての方はこちら*


四柱推命を使うと、
自分の性格や能力、人生傾向など様々なことが読み取れます。

自分がどんな星を持っているか、ここからチェックしましょう。
➡命式を出す

f:id:natsu_no_hi:20181126014141p:plain

今回は上記の赤で印を付けたところに入る星について紹介します。

このマスに入っている星は、自分がどんな性格を持っているかを示しており、
特に「スタンス」や「周囲とのかかわり方」など、
その人の気質を表しています。

気質を表す星は
「胎・養・長生・沐浴・冠帯・建禄・帝王・衰・病・死・墓・絶」と
全部で12種類!

その中から「衰(すい)」について紹介します。

f:id:natsu_no_hi:20181230220538p:plain

衰の性格

人生のピークを過ぎた頃。
加齢とともに落ち付いた雰囲気が醸し出される…
そんな様子になぞられてこの名前が付きました。

さて、そんな衰は穏やかで飾らない性格の持ち主。
伝統を愛し実績を重んじる知性派です。
何事も熟考してから行動するタイプで、控えめな印象を与えます。

また年齢は若くても落ち着いた雰囲気を持っているため、
実際よりも年齢が上に見られることもあるそうです。

衰は一見すると無口でおとなしい人にも見えますが、
無関心な訳ではないんです。
実は周囲の人達のことをよーく見ているんですよ。
困っている人を見かけたらさっと手を差し伸べる、とても親切な人です。

そんな衰の持つ天性のやさしさに惹かれ
普段から相談を持ち掛けられる人も多いはず。


f:id:natsu_no_hi:20181230220602p:plain

そして衰のすごいところは「たくさんの思いや利害、立場を考え調整するところ」。
イメージでいうと、ベンチからが選手たちみんなの状況やパワーバランスを見極め、
適切なポジションに導く監督のような役割をしているんです。

衰は敵を作るタイプではないですし、甘えない、弱音は言わない。
自分のことは置いておいて、いつだって人のためを思って行動できる人。

つまり衰って「オトナ」なんです。
自己完結型なので他人の面倒を見たり、他人の目線に立って考えることができるんですよね。

そんな優しすぎる衰ですが「人と縁が切れなくなる」状況には要注意!
どんな人にも誠実に一対一で向き合おうとしますが、
人が抱えられる人数には限りがあります。

人を切るのはつらいでしょう、
でもあまり受け身の立場をとりすぎると、
知らない間にストレスをため込んでしまい
自分を見失いかねません…

ときには「自分の本音に耳を傾けること」。
自分と向き合う時間をしっかり取ってリラックスを心がけましょう!

衰の適職

暖かな雰囲気で誰からも好感を持たれるタイプ。
自制心が強く堅実なので、周囲からの信頼は厚いはず。
コツコツした努力を要する地味な仕事でもこなせるため、
衰は「縁の下の力持ち」のような存在です。

表舞台で脚光を浴びるよりも、裏方に徹するほうが、
自分の才能を生かせそうです。

また、他人を見抜く才能は抜群なので人事や、
後輩を指導する立場に身を置くと能力をフルに発揮できるでしょう。

f:id:natsu_no_hi:20181230222929p:plain

 

いかがでしたか?
次回は「衰(すい)」について解説します!

それではまた!
夏の灯


ブログランキング参加中/
「このブログ良かったよ!」と思われた方は、下のボタンをタップしてください!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 四柱推命へ

平等を愛するリーダー【帝旺】四柱推命で自分の性格を知る

こんにちは!
夏の灯(なつのひ)です。

  *四柱推命が初めての方はこちら*


四柱推命を使うと、
自分の性格や能力、人生傾向など様々なことが読み取れます。

自分がどんな星を持っているか、ここからチェックしましょう。
➡命式を出す

f:id:natsu_no_hi:20181126014141p:plain

今回は上記の赤で印を付けたところに入る星について紹介します。

このマスに入っている星は、自分がどんな性格を持っているかを示しており、
特に「スタンス」や「周囲とのかかわり方」など、
その人の気質を表しています。

気質を表す星は
「胎・養・長生・沐浴・冠帯・建禄・帝王・衰・病・死・墓・絶」と
全部で12種類!

その中から「帝旺(ていおう)」について紹介します。

f:id:natsu_no_hi:20181228221708p:plain

帝旺の性格

高い地位を目指し努力を重ね、とうとうトップの座に着いた頃。
そんな様子になぞられてこの名前が付きました。
「王様の星」と呼ばれることもあります。

さて、そんな帝旺の性格は
自信に溢れ、常に自分の心に忠実。
一国の頭領のように悠々とした雰囲気を持っています。
そして帝旺には表裏や損得勘定はほとんどなく、
誰に対しても平等に接し、本音で付き合うことを望みます。

また帝旺は強い責任感を持ち合わせており、まさに頼れる人!
何か問題が起こったら周囲の視線が集まり、まず発言を期待されます。

大きな目標を掲げブレることなく突き進む人。それが帝旺です。
よく「生まれ持ったカリスマ性」などといわれますが、まさしくそれ。

「えー違う!」と思っても実はそう。
帝旺を持っている人は、
自分の魅力に気づいていない人が多いんです…

というのも帝旺はエネルギーが非常に強く、
素の自分をそのまま出すと周囲をドン引きさせてしまうので、
自分を押し込めて、控えめに過ごす人がほとんどなのです。

特に今の時代ってクールにキメルのがかっこいいって思われているから、
余計に自分を出すのに抵抗があるんですよね…

でもあなたが持っている熱量を否定しないで!
「私やっちゃいますけど?かましてやりますけど?」
このくらいのノリで行っちゃってください!

f:id:natsu_no_hi:20181228222127p:plain

強い精神力を持ち、何事にも正面から全力投球する帝旺。
そんな帝旺ですが、実ははちょっと不器用な部分があります。
また生まれながらのリーダーなので「尊敬できる人」や「本音で話せる人」がなかなか見つけれない、と悩むこともあるようです。
「人の高みを極めたるもの、孤独の罰を受けるべし」という言葉がありますが、まさにこんな例えのよう。

帝旺を持つ人にとって大事なのは「心から信頼できる人を見つけること」。
自分の「不器用さ」と「孤独」を受け入れ、癒してくれる人を探しましょう。

「本来の自分」を受け入れ、他人からも認めてもらうことで、
心はずっと軽くなるはず。
良き理解者を見つけ、自分を楽にしてあげましょう。

帝旺の適職

誰にでも平等に接し、ポジティブに仕事に取り組むため周囲からの信頼は厚いでしょう。
的確な判断力を武器に着実に出世の階段を上っていき、
責任のあるポジションに就くことで、才能が一気に開花します。
また自立心が強いため、独立・起業も向いています。

帝旺にとって何よりも大切なのは「明確な目標を持つこと」。
目標がないままでは、せっかくのエネルギーも宝の持ち腐れとなってしまいます…
自己実現できる目標を持ち、自分の実力をフルに発揮させましょう!

f:id:natsu_no_hi:20181228225507p:plain

いかがでしたか?
次回は「衰(すい)」について解説します!

それではまた!
夏の灯


ブログランキング参加中/
「このブログ良かったよ!」と思われた方は、下のボタンをタップしてください!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 四柱推命へ

コツコツ型の長距離ランナー【建禄】四柱推命で自分の性格を知る

こんにちは!
夏の灯(なつのひ)です。

  *四柱推命が初めての方はこちら*


四柱推命を使うと、
自分の性格や能力、人生傾向など様々なことが読み取れます。

自分がどんな星を持っているか、ここからチェックしましょう。
➡命式を出す

f:id:natsu_no_hi:20181126014141p:plain

今回は上記の赤で印を付けたところに入る星について紹介します。

このマスに入っている星は、自分がどんな性格を持っているかを示しており、
特に「スタンス」や「周囲とのかかわり方」など、
その人の気質を表しています。

気質を表す星は
「胎・養・長生・沐浴・冠帯・建禄・帝王・衰・病・死・墓・絶」と
全部で12種類!

その中から「建禄(けんろく)」について紹介します。

f:id:natsu_no_hi:20181219203951p:plain

建禄の性格

社会に出て働き盛りの頃。
着々と地位が上がっていく様子を表しています。
その性質をなぞって「王子様の星」と呼ばれることも!

さて、そんな建禄はどんな人か、一言でいうと「コツコツ型の努力家」です。
視野が広く、どんなことでもオールマイティーにこなしてしまう人。
性格はやや慎重派で、何をするにもしっかりと準備をして進めようとするタイプです。

また、時間感覚で言えば建禄は「長距離ランナー」といえるでしょう。
小さなことでもコツコツと積み上げることで、大きな花を咲かせます。
継続することの大切さを理解し、
「最後までやり遂げる忍耐強さ」を持っているのが建禄の強みです。

加えて人当たりが良いので、
誰からも信頼されやすい性格を持っています。
建禄の持つ「前向きさ」は周囲の人にも伝わり、
あなたへの信頼につながります。

ズバ抜けた「先見性」を生かし、
裏に回って全体を支えるも良し、
表に出て臨機応変に対処するリーダーになるも良し。
全体のバランスを見ながら、組織の中を立ち回るのが建禄の最大の武器です。

会社やチームに一人はいてほしいのがこのタイプで、
「全体を把握し、停滞を流す」そんな能力に恵まれています!

このように「デキる人」という印象が強い建禄ですが、
欠点を挙げるとすれば「完璧主義なところ」でしょうか。

妥協を許せず、自分を苦しめてしまうことろがあります。
また建禄自身は「苦手なことが少ないタイプ」。
不器用な人の立場に立って「人はそれぞれ違う」ということを心掛けていきたいところです。

建禄の適職

熱心な仕事ぶりは周囲からの評価も高く、
理論的に物事を進めるので抜群の成績を上げることが出来ます。
大きな組織の一員として活躍することもできますが、
自立心が強いので、独立することで自分の持ち味を生かすこともできるでしょう。

f:id:natsu_no_hi:20181219214824p:plain

いかがでしたか?
次回は「帝旺(ていおう)」について解説します!

それではまた!
夏の灯


ブログランキング参加中/
「このブログ良かったよ!」と思われた方は、下のボタンをタップしてください!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 四柱推命へ

私を見て!女王様の星【冠帯】四柱推命で自分の性格を知る

こんにちは!
夏の灯(なつのひ)です。

  *四柱推命が初めての方はこちら*


四柱推命を使うと、
自分の性格や能力、人生傾向など様々なことが読み取れます。

自分がどんな星を持っているか、ここからチェックしましょう。
➡命式を出す

f:id:natsu_no_hi:20181126014141p:plain

今回は上記の赤で印を付けたところに入る星について紹介します。

このマスに入っている星は、自分がどんな性格を持っているかを示しており、
特に「スタンス」や「周囲とのかかわり方」など、
その人の気質を表しています。

気質を表す星は
「胎・養・長生・沐浴・冠帯・建禄・帝王・衰・病・死・墓・絶」と
全部で12種類!

その中から「冠帯(かんたい)」について紹介します。

f:id:natsu_no_hi:20181214210528p:plain

冠帯の性格

イメージは成人したばかりの頃。
大人ですが若々しさを感じさせます。
冠帯とは「社会的な地位を得て冠をかぶる」という意味があります。

さて、そんな冠帯の性格ですが、活発でスマート!
かっこいい・美しい生き方を追及する人です。
そのため服装など身に着けるものにこだわりを持つ人も多いよう。
「ダサいのなんて絶対NG!」
冠帯はいつもキラキラしてたいのです。

でも見栄っ張りなだけじゃないのが冠帯のすごいところ。
本質を掴む力が強く、ポイントを押さえて頭の中で物事を組み立てていきます。
そして、その力を駆使し即断即決で仕事を処理する「必殺仕事人」のような人。
何をさせても器用にこなしまうんですよね。

ただ冠帯はストレートに思ったことを言ってしまいがち…
「一言多い」のが原因で、周囲の人との温度差が生じてしまうかもれません。
ぜひ気を付けたいところです。

冠帯の適職

情熱的で勝気な性格ですが、人当たりは柔らかくみんなから好印象を持たれます。
加えて柔軟な対応能力もあるので適応できる業務の幅は広いです。

ただ、細かい数字や理詰めで追及するような仕事はちょっと苦手かも。
感覚的に処理するような作業のほうが向いています。

最新の情報をキャッチするアンテナの感度がいいので、新しいタイプの職種や、
恵まれた美的センスを生かし芸術方面での活躍が期待できます。

f:id:natsu_no_hi:20181214220338p:plain



いかがでしたか?
次回は「建禄(けんろく)」について解説します!

それではまた!
夏の灯


ブログランキング参加中/
「このブログ良かったよ!」と思われた方は、下のボタンをタップしてください!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 四柱推命へ

勢いが勝負!夢に向かって疾走する【沐浴】四柱推命で自分の性格を知る

こんにちは!
夏の灯(なつのひ)です。

  *四柱推命が初めての方はこちら*


四柱推命を使うと、
自分の性格や能力、人生傾向など様々なことが読み取れます。

自分がどんな星を持っているか、ここからチェックしましょう。
➡命式を出す

f:id:natsu_no_hi:20181126014141p:plain

今回は上記の赤で印を付けたところに入る星について紹介します。

このマスに入っている星は、自分がどんな性格を持っているかを示しており、
特に「スタンス」や「周囲とのかかわり方」など、
その人の気質を表しています。

気質を表す星は
「胎・養・長生・沐浴・冠帯・建禄・帝王・衰・病・死・墓・絶」と
全部で12種類!

その中から「沐浴(もくよく)」について紹介します。

f:id:natsu_no_hi:20181210213637p:plain

沐浴の性格

イメージは中学生くらい。
ある程度外の世界のことが分かってきて、反抗期を迎え始める頃。
こんな様子に例えられてこの名前がつきました。

さて沐浴を持つ人の性格ですが、とにかくポジティブ!
どんな時でも目の前のことに全力で取り組みます。
イケイケドンドンで熱量が高いのが特徴です。

そしてスタートの勢いの良さは12ある星の中でナンバーワン!
活動的で好奇心旺盛なので一つの場所にじっとしていることは苦手な性格です。
また、失敗することは頭になく、「なんか面白そう!」と好奇心で仕事に着手するのが沐浴のスタイル。

ただ、攻撃や短期戦の時は「よっしゃ行くぜ!」と強気で突っ込んでいきますが、
守備や長期戦の時は根気が続かず、意欲を失ってしまいがち…
沐浴の持ち前の切り替えの早さが悪い方向に働くと、あきらめ癖が付きやすいので要注意です!

f:id:natsu_no_hi:20181210224215p:plain

沐浴を持つ人は「気まぐれ」「自由人」と思われがちですが、
本人は「自分がワクワク・ドキドキすることに忠実なだけ」
好きなことを追及するのが生きがいなのです。

沐浴を持つ人は「自分の心が望むことをする」のが大切!
「つまんないけど仕方ないよなー」とか
「もう大人なんだし妥協しないと…」
なんて考えていたら、才能であるパワーが削がれてしまうだけなので、避けたほうがベターです。
みんなそうですが、沐浴の人は特にそう。

沐浴を持つ人は
「気分が乗るか、乗らないか」の視点で仕事を選んでOK!
金銭など周りからの評価は後からついてきます。

そして沐浴のポジティブなエネルギーは周りにも伝わって、
みんなを元気にしてくれるはず!

沐浴の人の話すとなんだか、こっちも楽しくなってくるんですよね。
沐浴は「人にパワーを注入する」素敵な才能を持った人でもあるのです。

沐浴の適職

ある程度裁量のある自由な環境で仕事をするのがいいでしょう。
規律遵守が要求されるような堅苦しい仕事だと、モチベーションが落ちてしまうかもしれません。

華やかで自由度の高い仕事を選ぶとイキイキと仕事に取り掛かれます。
またスピード感を要求される場面では、沐浴の才能が光るでしょう。

また、沐浴はひらめきや勘を頼りに行動しがちなので、
自分をフォローしてくれる仲間が一緒いると良いでしょう。
安定性に欠けるところがあるので、
冷静に状況を判断する目を持つことで、トラブルを回避することが出来ます。

f:id:natsu_no_hi:20181210220710p:plain


いかがでしたか?
次回は「冠帯(かんたい)」について解説します!

それではまた!
夏の灯


ブログランキング参加中/
「このブログ良かったよ!」と思われた方は、下のボタンをタップしてください!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 四柱推命へ